がん保険の必要性

がん保険がCMで宣伝されているのを見かけますが、自分はがんにならないからと思って、がん保険に入らない人は多いです。
しかし若くてもがんになりますし、自分の家系にがんの人がいないからといって安心できるものでもありません。
女性は20代後半から徐々に増え始め、男性は40代後半から一気に上昇する傾向にあります。
がんになったら、まず治療費が必要となります、
がんのタイプ、状態によって治療内容は異なりますが、手術、抗がん剤治療、放射線治療などを行うことになります。
医学の進歩により従来よりも入院期間は短く、また今までは入院が必要であった治療も通院で行えるようになってきています。
そのため入院保険に入っているから、がんをカバーできるとは限らないのです。
がん保険はがんと診断を受けた時にまとまったお金をもらえる、通院を保障してもらえるなどのタイプのものがあり、がんになった時にお金を心配せずに治療に専念することができるのです。
またがんには従来の治療ではなく先進医療を行う場合もありますが、そういった部分をがん保険でカバーすることも可能です。
日本は保険には全員が加入することになっており、一定額の負担しかしなくて良いことになっています。
また高額療養費制度が設けられており、年齢、所得に応じて、月に支払う上限額が決められています。
そのため、どこまでも医療費がかかり続けるということはありませんが、それでもがんになった際には、治療に専念して仕事を休む必要なども生じてくるので、こういった状況にも手厚く備えておく必要があります。
特に大黒柱として働き盛りの男性の収入が途絶えてしまうと、家族が暮らしていくお金にたちまち困ってしまいます。
会社員であれば傷病手当がもらえますが、満額ではありませんし、そこから給料から天引きしているお金を支払い、
医療費を支払うと家族が生活するのに十分なお金が残りません。
自営業であれば、傷病手当はないので、もっと手厚く備えておく必要が出てきます。
私の夫は31歳の若さで胃がんになりました。医療保険には加入していましたが、がん保険には加入しておらず、手術のための
入院費用は医療保険から補てんされましたが、その後1年間の抗がん剤治療は通院だったので保障されませんでした。
また仕事を3ヶ月も休んだので、その時の生活費も何とかやりくりをしましたが、どうなることかと思いました。
そのような経験からいつ誰ががんになるかはわからないと思います。
しっかりと備えておけばお金のことを気にかけなくて済みます。病気になってからでは加入できないので、元気なうちに加入していざという時に備えておく必要性を感じました。
がんは必要以上に恐れる病気ではありませんが、やはりまだまだ命に関わる重い病気でもあります。
がんにかかった時にお金を心配して、治療の選択肢が狭まらないように、治療に専念できるようにお金を用意しておくために、がん保険への加入は大事です。

19
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ