学資保険に入るメリット

お子様が生まれると教育資金の準備として、学資保険への加入を検討する方が多いはずです。学資保険とは、お子様の進学などに向けて、決められた保険料を支払うことにより、満期時に満期保険金が受け取れる保険です。進学などにかかる教育資金の確保を主な目的としているため、一般的には15歳・18歳を満期にしていることが多いといえるでしょう。このような特徴がある保険であるため、多くの方がお子様の誕生に合わせて加入を検討しています。
お子様の教育資金の確保を目的とした学資保険ですが、お子様の教育資金の確保は学資保険でしか行えないものではありません。例えば、定期預金でも行えますし、より利率が良いものをもとめるのであれば投資信託などを利用して教育資金を準備することも出来ます。様々な方法があるにもかかわらず、多くの方が学資保険を利用している理由は、学資保険には学資保険のメリットがあるためといえるかもしれません。学資保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
当然ながら、定期預金や投資信託でも教育費用の捻出・準備は可能です。あるいは、裕福な方であればすでにある貯蓄の中から教育資金を用意しても良いでしょう。このことからわかるように、学資保険は必ずしも契約しなければならない保険ではないのです。しかし、学資保険には様々なメリットがあるので加入をしておいたほうが良いといえます。最も大きなメリットは、必要な時期に確実に教育資金が用意できる点にあります。現在販売されている多くの学資保険は、契約者である親に万が一のことがあった場合、その後の保険料の支払いを免除し、満額の満期保険金が支払う契約になっています。そのため、一家の大黒柱が亡くなったとしても、学資保険に加入しておくことで必要な時期に必要な教育資金を準備することができます。この点が学資保険の最も優れた点といえるかもしれません。学資保険以外の方法で教育資金を用意している場合、親に万が一のことがあっても自己責任になるので、必要なお金を自らが用意して準備しなくてはなりません。現在は裕福なご家庭であっても、事情が変化することもありえます。例えば、ご主人だけが収入を得ている場合、一家の大黒柱が亡くなってしまうと収入が激減してしまいます。学資保険は、万が一の変化による影響を小さくすることが出来る保険といえるかもしれません。
また、学資保険の種類によっては、契約者である親だけではなくお子様の万が一にも対応している保険があります。あまり考えたくはありませんが、お子様にも病気や死亡のリスクは存在します。学資保険の中にはこうしたリスクに備えることが出来る保険があるのです。教育費とともに万が一のリスクに備えることが出来るので非常に優れた保険といえるかもしれませんが、一点だけ注意をしなくてはならないことがあります。これらの保険は、学資以外の保障を得るための保険料で元本を減らしてしまう保険が殆どです。新たなリスクに対応できる代わりに、その分の保険料は取られているということを覚えておかなくてはなりません。
学資保険には以上のようなメリットがあります。進学資金を準備する方法は様々ですが、メリットの大きな保険なので確実な教育資金の準備方法として有力な選択肢になるのではないでしょうか。

18
こちら


前のページへ<<   >>次のページへ