離婚問題による子供への対応

離婚問題による子供への対応

知人である男性が離婚をしてから1年を過ぎた頃、ひょんな事からバツイチである女性と出会いました。その女性はバツイチではありましたが、子供を既に二人設けておりご主人がいる人でした。

しかしながら、女性は知人の男性と良い感じになり二回目の離婚に踏み切る事になたのです。これに対し私達はバツイチであるものの、子供が居ない知人男性にはもう少し違う女性の方がいいのではないかと、指南していたのですが、二人はすぐに結婚をする事になりました。

問題なのは既に女性と前のご主人との間に生まれた子供の事です。この子供達は、兄弟ではあるものの父親が違いましたから、今年知人とその彼女の間にはまた新しい命が誕生しましたが、結果的に全員父親が違うという状況なのです。

結婚前から子供達を交えて、会ったりしていたそうですが幼いとは言え、物心が付いている年齢である子供達からすれば、実の母親が父親とは違う男性と会うという事には違和感を覚える筈なのです。

そんな小さな子が母親に対して気を使って新しい父親を受け入れるという事は、子供の教育上どうなのだろうと疑問に思います。

幸い今のところ知人はどの子供達の面倒も良く見て、幸せな生活を送っているようですが、子供が居る場合の離婚問題と言うのは大人達が思っているよりも子供達は敏感に感じている事ですので、安易な行動で振りまわさないよう心配りをして欲しいものと思います。

1
2
3

b.hatena.ne.jp/entry/etccard-tsukuru.net/1089.html


<<前のページへ   次のページへ>>